グレイシーバッハ JAPAN | 神戸・三宮 | ブラジリアン柔術グレイシーバッハ JAPAN | 神戸・三宮 | ブラジリアン柔術

Search
Jiu-Jitsu for Everyone
  • 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町
  • 116-1 シティライフ三宮ビル3F
  • info@graciebarra.jp078-393-2585
0
編集

柔術へのモチベーションを保つ5つの方法。

黒帯への道のりは長い年月を要します。
柔術を始めた人達のほとんどは黒帯まで到達しないのが本当のところです。
これは悲観ではなく、統計上のものです。

人はいくつかの理由で柔術を始め、そして別の理由で柔術を辞めて行きます。
怪我が理由であったり、心変わり、生活における優先順位の変化など。
上級者に今まで見てきた柔術を始めて、去る人の事を聞いて下さい。

帯が上がるごとにフィルターにかかっていきます。
それらの大きい原因はモチベーションではないでしょうか?
人々は多くの理由が原因でモチベーションを失っています。

ここではモチベーションを保つ方法をいくつか紹介します。

1. 目標設定…現実的なもの
実現が困難な目標を持ってブラジリアン柔術を始める人達がいます。
彼らは3年で黒帯になれる等、簡単だと考えています。
目標設定は大事ですが、現実的なものにしましょう。

例えばあなたが未経験の初心者なら、黒帯になれるかはまだ心配しなくて良いのです。
その心配をする代わりに基礎的な技術の習得に集中して下さい。

2. 休むのはOK
私は柔術が大好きです。
あなたも好きな事をしなくなったら物足りなく感じるでしょう。
柔術を休む事、もしくは数日間、場合によっては数週間練習しないとこの事を思い出させてくれます。
また燃え尽き症候群を防ぐのにも役立ちます。

3. 継続的に自分にチャレンジ
簡単に達成できる事は、より困難な事ほど達成感を感じません。
毎回の練習で自分にチャレンジする事は非常に大事です。
限られたテクニックを使って大きい相手とスパーリング、グリップなしでするなどです。
こういったチャレンジはあなたの柔術を幅広く向上、洗練させてくれます。

4. 良い環境に身をおく
鉄が鉄で磨がかれる様に人も人に磨かれます。
自分のレベルを次のステージに導いてくれる様な良い練習パートナーは非常に大事です。
また良い練習パートナーはあなたのモチベーションを高めてくれます。
そして害のある練習パートナーを避ける事も考えてみましょう。

5. 恐怖と向き合う
恐怖は大きな障害です。
タップをとられる恐怖、負けへの恐怖、失敗への恐怖、試合への恐怖・・・。
これらは成長を阻害する恐怖です。

ただ怖がる事は悪い事ではありません。
恐怖は感情の一種で、その感情は人間らしさの現れです。
柔術においてこれらの恐怖と向き合うのは克服への最初のステップになります。
克服すると、あなたはより強い人間になっているはずです。

柔術を始める人全てが黒帯になれるわけではありません。
到達する人達もいるでしょうし、そうでない人も当然いるでしょう。
ある人は柔術で得たかったものを手に入れて離れるかもしれませんが、それも間違いではありません。
柔術は贈り物であり、人々の必要とする事を柔術から学べ、得る事が出来ます。

何を選ぶかに関わらず、モチベーションを高く保ち続ける事は人生において非常に重要です。
それらは過去を振り返える代わりに、我々を前進させてくれるのです。