グレイシーバッハ JAPAN | 神戸・三宮 | ブラジリアン柔術グレイシーバッハ JAPAN | 神戸・三宮 | ブラジリアン柔術

Search
Jiu-Jitsu for Everyone
  • 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町
  • 116-1 シティライフ三宮ビル3F
  • info@graciebarra.jp078-393-2585
0

黒帯からのアドバイス from GB blog

黒帯からのアドバイス。
ここ数年グレイシーバッハの複数の黒帯にインタビューする機会がありました。
柔術の世界チャンピオンから、世界各地で新しいアカデミーを始めたインストラクターまで多岐に渡ります。
共通する事は白帯に始まり黒帯まで耐え抜いた柔術家の心が様々な会話から出て来る事です。

1)柔術愛

多くの黒帯がいかに練習好きかという事を何度も繰り返し語りました。
柔術で同じ楽しみを分かち合える仲間が道場にはいます。
初心者には柔術の魅力を伝え、新しい練習パートナーや友人を作る喜びがあります。

Prof.ランデル・ヒュオット
「柔術は体の健康だけでなく、深刻な生活を変えるライフスタイルと哲学があります。
勿論柔術で体を鍛える事は出来ます、しかしもっと重要なものは、現実社会に活かせる自信や自尊心が身につくと言う事です。
これらはフィットネスジムのメンバーシップでは買えないものです。
障害のない挑戦など無価値です。柔術もまた他なりません。
上がり下がりがありながらも道場に通い続けるのは帯が欲しいだけではないでしょう。
柔術というアートを愛し、道場にいるのが好きだからではないでしょうか。」

2)ポジティブな自己信念

「道場にエゴを持ち込むな」は、柔術の有名な名言です。
道場はエゴがテストされる場所なので、これは良いアドバイスです!
練習での障害を克服する為には、忍耐力が鍵となります。

レベルの高い試合の為の準備、高度なポジションを学ぶ、そして自身の柔術を高める。
向上していく為にはポジティブな考え方が必要です。
ポジティブな心構えは、より高い目標を設定し達成する上で必要な事です。
ポジティブな心構えの素晴らしい例はルーシオ・ラガートです。
彼は世界レベルのコンペティションに戻る為にガンという大病を克服しました。

GB:数年前にあなたはガンを克服し、トレーニングと大会に戻りました。
その経験とあなたの人生について学んだ事について教えて下さい。

ラガート :「ガンはただ間違ったドアをノックしたのですよ。
私はカーロス グレイシー Jr.から学んだライフスタイルを続け、
そしてガンは自分が克服しなければならない挑戦だと受け止めました。
面白く語っていますが、とても良い経験でした。
他では経験出来ない事を学びました。
全ての事柄、時間に感謝すれば人生はとても美しいものになります。」

3)謙虚にオープンマインドで学ぶ

グレイシーバッハは毎年、インストラクター認定プログラム(ICP)を提供しています。
GBネットワークのトップレベルの先生が自身の経験を共有しています。
ドラクリーノと話し、彼の様な高名な先生が更なる進歩を求めて新しいテクニックを学び続けている事は私にとって驚きでした。

GB:ベリンボロ、逆さガード、ラペラガードの様なポジションを重視する流行りのスポーツ柔術についてはどう思いますか?

ドラクリーノ:「私は進化に賛成です。
実際にベリンボロ、ラペラガードの様な新しい技術を気に入っています。
それらは全て良い事ですし反対意見は何一つ持っていません。
それがスポーツの進化の一部だと思います。
例えあなたがこれらに反対であろうと学ぶ必要があるし、理解する必要があると思います。
新しい事にチャレンジしない閉鎖的な考え方は成長を止めます。」

20年以上の経験を持つグレイシーバッハのプロフェッサーが新しいテクニックをオープンマインドで学んでいます。
私達も見習わないわけにはいきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.