グレイシーバッハ JAPAN | 神戸・三宮 | ブラジリアン柔術グレイシーバッハ JAPAN | 神戸・三宮 | ブラジリアン柔術

Search
Jiu-Jitsu for Everyone
  • 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町
  • 116-1 シティライフ三宮ビル3F
  • info@graciebarra.jp078-393-2585
0

グレイシーバッハ トレーニングエチケット from GB blog

Gracie-Barra-Training-Etiquette

常に道場でのエチケットやルールを見直す事は大切な事です。
グレイシーバッハのエチケットは世界中の道場の秩序と生徒の安全性を高めようとする、
マスターカーロスの哲学が反映されています。

>>> グレイシーバッハ エチケット

これらは世界中のグレイシーバッハスクールで遵守され、
マスターカーロスのビジョンを保つ為にも重要です。
グレイシーバッハの生徒は更に以下の4つの事柄も覚えておくと良いでしょう。

1)スパーリング中に隣のペアと近づいたら場合、
帯下のペアが攻防をストップし空いたスペースに移動して再開する。

・隣のペアと激突すると怪我が起きる。
・近づいたら「一時停止」し、離れて再開する。

2)インストラクターが技のデモンストレーションを行っている最中は、
他の生徒の邪魔にならないよう注意する。

・言葉を挟んだり、質問したくなるがそれは別の時間にしましょう。
・デモンストレーション中の会話はインストラクターに対して敬意を欠くだけでなく、
他の生徒にも失礼です。

3)メンバーの最大の不満はいつも個人の衛生問題。
人間関係においてデリケートな事柄です。

・練習仲間に「ドウギが汚い、臭いですよ」と伝えるのは誰にとっても気の進まないものです。
・練習仲間を考慮して毎回、清潔なドウギで練習して下さい。

4)禁止されているテクニックを理解しよう。

・脚を捻る技、ヒールホールド等のテクニックは全ての帯で使用が禁止されています。
・禁止かどうか分からない場合はスパーリング前にインストラクターに聞いて下さい。

これからもグレイシーバッハメンバー全員にとって良い練習が続けられます様に!

関連記事
>>> 柔術の練習でやめたい4つの事 from GB blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.